2018年お肉ギフトランキング

意外と知られていなかった

 

真夏の昼間ともなると、汗をかかずにはいられなくなりますよね。

 

冷房が発達して、今では屋外の一部でも暑さを感じることなく過ごせるようになっていますが、それでも真夏の熱気を1日中感じずに行動する、ということは、今でも不可能です。

 

それに伴って問題になるのが「夏バテ」。 

 

冷房のかかっているところとかかっていないところの往復などを原因とする「自律神経失調」からくる夏バテもありますが、汗をかきすぎることで、必要な栄養素が不足してしまう夏バテもあります。

 

 

今回は、後者の夏バテについての説明をしていきたいと思います。

 

汗を大量にかいていくと失われるもの、といいますと、皆さんは何を想像するでしょうか。

 

水分や塩分、ミネラルなどを想像するのではないでしょうか。確かにそれらのものも真夏には不足しがちなものですが、意外と知られていないのが「ビタミンB1」です。

 

ビタミンB1は主に、炭水化物などの糖質をエネルギーに変える作用があります。
つまり、炭水化物を取るだけではうまくエネルギーが得られず、ビタミンB1の助けがあって初めてエネルギーを摂取しやすくなる、というわけですね。

 

これが不足してしまうとエネルギーを得にくくなり、疲労物質である乳酸がたまりがちになります。これによって引き起こされる疲労感の増加が、夏バテにつながるわけですね。

 

このビタミンB1には、汗と一緒に排出されやすく、また、周囲の気温が上がるほどに消費量が増えるという特徴があります。
つまり、両方の条件を満たしている真夏には、とにかくビタミンB1が失われやすいということになります。

 

 

このビタミンB1が多く含まれている食べ物を取ることで、夏バテを改善しやすくなります。

 

その素材の例としては、「豚肉」や「大豆」、「ほうれん草」や「ごま」などが挙げられます。これらが多く使われた料理を食べることで夏バテを防止できる、というわけです。

 

勿論、これらばかりを食べていていいというわけではありません。

 

夏バテに有効な栄養素は他にもたくさんありますので、これに留意しながらさまざまなものを食べるのが、結果的に夏バテを克服する有効な手段と言えますね。

 

TOPへ