2018年お肉ギフトランキング

抜け毛予防の食材が実はお肉が良いそうです

 

「なんだか最近、抜け毛が増えてきたような…」

 

こんなお悩みをお持ちの方はいませんでしょうか。年を重ねるにつれ、髪の強さや太さなども少しずつ失われていきます。だからこそそれは自然的な現象なのだ…と諦めてしまっている、もしくは薬などの方法に手を出そうとしている方も少なくはないのではないでしょうか。

 

しかし、ここでちょっとお待ちいただきたいと思います。髪は、食べるものをちょっと考えることで十分に改善することが出来るのです。

 

では、どういったものを食べると改善されやすいのでしょうか。

 

まず、髪を構成している物質について、皆さんはご存じでしょうか。
髪は主に、ケラチンと呼ばれるたんぱく質からできています。

 

このケラチンを構成する物質の一つに「シスチン」というものがあるのですが、これは「メチオニン」というアミノ酸から生成されます。

 

食べ物からしか摂ることが出来ないメチオニン

 

メチオニン

このメチオニンですが、これは「必須アミノ酸」と呼ばれるアミノ酸のうちの一つで、体内ではどうやっても生成することが出来ません。

 

つまり、食べ物から摂取するしかない、ということなのです。メチオニンはたんぱく質を含む食べ物の大半に含まれていますので、たんぱく質を含む食べ物を摂取していれば、自然に摂取できていることになります。

 

また、それと同じくらい必要なのが「ビタミンB群」と「ミネラル」です。ビタミンB群は、摂取したたんぱく質を体内で利用可能な形に加工するのに役立ちます。

 

また、ミネラルはたんぱく質を髪の毛にするためのはたらきをするさまざまな酵素が、正常にはたらくために必要になる成分です。これらの成分も同時に摂っていくことが必要になります。

 

これらを踏まえますと、こういった成分物質を摂取しやすい「お肉」を摂ることが、必要であるという結論になります。
豚肉はビタミンB群、牛肉は亜鉛を摂取するのに良い食べ物ですので、オススメです。

 

ただし、お肉はたんぱく質や有効な成分と一緒に、多量の脂質も含んでいます。
もちろん、脂質も必要な成分でもありますが、過剰摂取によって悪影響の出やすい物質でもありますので、お肉の食べ方をヘルシーな方向にしていくのが大事ですね。

 

まとめ

 

脂肪の摂り過ぎは、決して良くありませんが適度に摂る必要もやはりあるわけです。ヘルシーが良いからと言って、鶏のささみばかりでは髪に栄養を取ることは出来ません。
ですから、良質なお肉から“良質なメチオニン”を摂って行くことが一番適切な方法だと言うことです。

 

 

 

TOPへ