2018年お肉ギフトランキング

貧血対策や貧血予防に効果があります

 

「最近立ちくらみがひどい」

 

「長く立ち仕事をしていると、たまにフラッとしちゃって…」
という悩みをお持ちの方はいませんか?

 

それはいわゆる「貧血」の症状で、血中の赤血球、もしくは赤血球内で酸素と結合するヘモグロビンが少ないことに起因するものです。

 

これらを解決するには、主に「鉄分」を摂るのが良いとされています。
その方法として、「牛肉」を摂るのが有効であるのは、皆さんはご存知でしたでしょうか?

 

牛肉には、貧血を防ぐためのさまざまな栄養素が含まれています。

 

まず一番大事な「鉄分」。

 

3つの主要な肉、鶏肉・豚肉・牛肉の中で最も多く鉄分を含んでいます。

 

また、これらの肉に含まれている鉄分は「ヘム鉄」と呼ばれています。ヘム鉄とは、鉄分がヘモグロビンの構成要素となっているときに摂っている鉄分の一形態のようなものだと思ってください。

 

鉄分がヘム鉄の形をとっていると、体に効率よく吸収されやすくなります。
野菜に含まれている「非ヘム鉄」よりも吸収効率が良い、ということですね。

 

また、
特に牛レバーには「ビタミンB12」という成分が含まれています。

 

ビタミンB12は赤血球のみならず全ての血球を作るために必要な成分です。
これが不足すると、そもそも血球を作る能力が落ちてしまう、ということですね。

 

更に、牛肉には当然ながら「動物性たんぱく質」が含まれています。

 

このたんぱく質は、先ほど説明したヘム鉄の利用効率を上げ、さらに野菜などに含まれる「非ヘム鉄」の吸収効率を上げてくれる、というまさに貧血のための成分と言えます。

 

ただし動物性たんぱく質なら何でもいいというわけではなく、牛乳やチーズなどのたんぱく質ですと、逆に鉄分の吸収を阻害してしまいます。
鉄分吸収の視点から見た場合、牛肉や鶏肉の動物性たんぱく質を摂るのが良いとされています。

 

このように、牛肉は貧血対策や貧血予防に大きな力を及ぼしてくれる食べ物なのです。最近、貧血気味かな?と悩んでいる方は、牛肉を使った料理を食べることで改善するかもしれないですね。

 

TOPへ