2018年お肉ギフトランキング

良質なたんぱく質ってなんですか?

 

ダイエットなどを志していて、トレーニングをしているとき、よく「良質なたんぱく質を摂るのが良い」と言われたことはありませんか?

 

良質なたんぱく質は確かに摂りたいところですが、では、良質なたんぱく質ってなんだ? と疑問に思った方も少なくないはずです。

 

今回はそうした、「良質なたんぱく質」についての説明をしようと思います。

 

どういうたんぱく質が「良質である」とされるのでしょうか。

 

たんぱく質にはさまざまなアミノ酸が入っていますが、その中でも「必須アミノ酸」と呼ばれるアミノ酸の種類があります。この必須アミノ酸は、体内で生成することが出来ません。

 

そのため、必須アミノ酸を体内に入れようと思うと、食べ物から摂取するしか基本的に方法がないのです。この必須アミノ酸がどれだけバランスよく含まれているが、その食べ物のたんぱく質が良質かどうかを決める基準の一つになります。

 

こうした観点からみていくと、良質なたんぱく質は「魚類」や「肉類」が大半を占めている、ということになります。よく「大豆」が良質なタンパク源として紹介されていますが、必須アミノ酸のバランスからみると決して最高とは言えず、その観点からみると寧ろ枝豆の方が良質であるといえます。

 

となると、良質なたんぱく質は魚類や肉類から摂るのが良いといえます。
ビタミンBなど、他の栄養素の観点からも見ていくと、肉類の方がトレーニングに使うたんぱく質としては適しているといえるでしょう。

 

ボディビルダーともなるとどの肉を摂取するかにおける厳しい基準が設けられたりしていますが、そうでなければ、基本的にどの肉を摂ってもたんぱく源として十分に機能します。

 

ただしここで気を付けなければいけないのは、「脂質」です。

 

お肉にはこの脂質も多く含まれていますので、お肉を食べる際、太りたくない場合は脂質が少ない部位を選び、ヘルシーな食べ方をするのがオススメです。

 

逆に言うと、そういった食べ方をしているのであれば、お肉を摂った方が、むしろ健康によく、トレーニングには役立つといえますね。

TOPへ