2018年お肉ギフトランキング

すき焼き 岡半

東京メトロ丸の内線、銀座駅より徒歩約5分の「岡半 本店」は、「日本三大料亭」のひとつ「金田中」の姉妹店として位置付けられているすき焼き・しゃぶしゃぶ・鉄板焼きの高級店です。屋号の「岡半」は、文豪である吉川英治の命名によるものであり、関西割烹の流れを汲む銀座の名店として知られています。
 供するお肉には創業者の出身地である三重県の「松阪牛」にこだわり、本物の最高級松阪牛を東京で扱う貴重なお店でもあります。
 夜のメニューであるすき焼き・しゃぶしゃぶ・鉄板焼きでは厳選された松阪牛の甘くとろけるようなうま味を堪能することができ、関西割烹に源を発することから、すき焼きは醤油・砂糖・昆布だしで調味する関西風の味付けとなっています。
 お肉は職人による「手切り」の技を遺憾なく発揮し、しゃぶしゃぶなどお湯にくぐらせていただくものには一瞬でうま味を閉じ込めるように切り方にも細心の注意がなされています。
 夜メニューでは高級店の名に恥じないほどの品質と価格が設定されていますが、反面、お昼のランチメニューでは本当に良いものをリーズナブルな価格で提供しているのも人気の秘訣です。ランチには「和牛切り落とし生姜焼」、「和牛リブロース蒲焼」、「和牛サーロイン 小角ステーキ」、「但馬牛シチュー」、「特選和牛 ロース蒲焼とヘレ厚焼」の5種類がラインナップされており、すき焼きやしゃぶしゃぶも厳選された「但馬牛」のものを楽しむことができます。

 

 

すき焼き 岡半

例えば「和牛リブロース蒲焼」では薄切りのお肉を絶妙の火加減で焼き上げたメインディッシュに、タイミング良く炊き上げたご飯、おつゆにサラダ、小鉢のスープが付いてきます。お肉には甘めのものと辛めのもの、二種のタレが用意され、おつゆはお肉の脂身と相性のいい「赤だし」なのが嬉しいところです。小鉢のスープは「牛脂煮込みの温野菜とミートボール」で、和牛のうま味を存分に引き出した逸品です。お肉の付けわせにはもやしと、これまた珍しい「きしめん」を炒めたものが添えられ、もちもちした楽しい食感でお肉の美味しさを引きたててくれる名脇役となっています。

 

 

岡半本店の住所はこちら⇒東京都中央区銀座7-6-16 銀座金田中ビル7・8F
日曜、祝日は定休日

TOPへ