2018年お肉ギフトランキング

ミッシェラン すき焼き

京都の嵐山にある、70年もの歴史を持つ鶏料理専門のお店です。歴史の通り、外観からも京都を味わえる一軒家。店の前には、すき焼き、水炊きと書いてある看板が出ています。メニューは、この二つしかありません。すき焼きというと、牛肉をイメージしてしまいがちですが、この店でいうすき焼きとは、とりすきのことを言います。コクのある琥珀色の一日煮込んだという鶏がらスープと、ザラメと醤油で煮詰めたとりすきは、煮詰めてもぷりぷりとした肉本来のうまみを堪能できます。鶏肉は、とても味がわかり易い食材で、粗悪なものだとパサついてしまったり、臭みが出たりしますが、鳥市のお肉はとても新鮮で、肉本来の良さが伝わってきます。

 

 

ミッシェラン すき焼き

鶏肉はすべて、その日のうちの朝にしめたものを使っているのだそうです鍋のお味の具合はおかみさんが見てくれるので、お任せしてのんびりと構えていられます。一杯軽くいただきながら、鍋のできる様子を眺めつつ、付き出しの鳥わさをいただくと、優雅な気分に浸れます。一緒にすき焼きに入る野菜は、京都の旬の野菜たちで、季節ごとに変わります。丹波産活若鳥のすき焼きで、お値段は2,500円、水炊きで3,500円と、何ともリーズナブル。座席はすべて二階の個室で和室4室ぐらいとこじんまりしています、お腹いっぱいになったらころり・・と、周りの目を気にすることなく過ごせるのがうれしいですね。もちろん、旨みスープを使った最後の締めの、雑炊がまた一品なので、その分のお腹のスペースは残しておいたほうがいいですよ。

 

 

 

TOPへ