2018年お肉ギフトランキング

新・かぐら巻

 

今年2014年の恵方巻は 東北東。

 

恵方巻は節分に食べると縁起が良いとされる太巻き(巻き寿司)や、その太巻きを食べる行為で大阪地方を中心として行われている習慣を言います。

 

恵方巻の名称は1998年にセブンイレブンが全国発売し、商品名に採用したのだそうです。コンビニで販売する前は、「丸かぶり寿司」と呼ばれており「恵方巻(えほうまき)」と呼ばれていたという文献等は、見つかっていません。「招福まき」「まき寿司」「丸かぶり寿司」「開運まき寿司」「ふとまき丸かぶり」等があり、起源・発祥は複数の諸説が存在しており信憑性についても定かではありません。商業的イベントとして、これを利用した関係業界の即売促進活動・関連商品・商戦が20世紀後半から活性化しています。

 

恵方巻は、節分の夜にその年の恵方に向かってもくもくと食べること(無言に。)、お願い事を心の中で思いながら恵方巻き寿司を食べるのがならわしです。「目を閉じて食べる」という人や「笑いながら食べる」という風習がある地方もあるそうです。

 

様々な説があります。大阪のあきんどさんが思いついたことだと言うことは、有力みたいですが。さすが大阪の商人さんは商売上手なのでしょうね。

 

 

 

楽天で恵方巻きを購入しようとお考えであれば、コチラのお店が人気があるようです。毎年直前では「売り切れ」になってしまっていますので来年はお早めに。

 

 

楽天市場の「かぐら寿司」さんの口コミです↓

 

新・かぐら巻

 

「かぐら寿司」という楽天のお店で恵方巻きを購入しました。

 

数年前から東京でも恵方巻きが流行の兆しを見せています。以前は節分といえば豆を巻いてみんなで年の数だけオマメを食べるというだけでした、しかし今ではコンビニやスーパーでも多くの人が恵方巻きを買っていきます。また最近では恵方ロールというのもでて多種多様な楽しみかたができます。

 

私がかぐら寿司で購入した恵方巻きは中に入ってる卵焼きがとても美味しそうだから購入のきっかけになりました。楽天でお店を見ているとその恵方巻きの特徴が写真付きでわかりやすく書いてあったのでそれだけで興味がわいてきました。またインターネットで購入することも慣れてくれば実際に店舗で買うよりもかなりリーズナブルに購入することができるのでその点でも楽天を利用するのはとても便利です。

 

また今回購入した恵方巻きは、全国でも絶品お取り寄せグルメとして評判も高かったのでどのような味なのかがすごく興味がありました。普通の卵ではなく京都のブランド卵である京たまごを使っているので他の恵方巻きの中に入っている卵焼きとはひと味もふた味も違うのだろうと思い食べました。イベントで食べる食べ物くらいは近くのスーパーやコンビニエンスストアではなく楽天で色々面白い興味を引くようなお店を探すのはとても楽しいです。また購入前にほかの購入者たちの評価を見ることができるので比較的安心して購入することができました。

 

 

 

新・かぐら巻人気の太巻きずしをお探しならコチラから

 

 

 

TOPへ