2018年お肉ギフトランキング

やまとオリジナルもつ

彼氏のお父さんとの顔合わせということで、代官山にある「博多もつ鍋 蟻月 HANARE (ありづき はなれ)」に行ってきました。とってもおしゃれなお店で「女性好みのお店をお義父さんが選んでくれたなあ。」と感激。ただ、一つ困ったことに、私は「モツ」が大の苦手。彼氏に「私のモツ食べてね。」と頼む次第。

 

 

さて、お店の中に入って、お義父さんが、「白のモツ鍋」と「赤のモツ鍋」注文してくれました。サイドメニューとしては、「霜降り馬刺しの盛り合わせ」と「出し巻き玉子」「辛子明太子」「鳥軟骨のから揚げ」、お酒は、蟻月さんのお店の名前のついた芋焼酎を注文。さっそく、焼酎と、馬刺しが出てきて。はじめて馬刺しを食べる私は、その馬刺しの美しさに見とれてしまうほど。口に入れると何とも言えない甘味が。続いて、みそ仕立ての「白のモツ鍋」と、しょうゆ仕立ての「赤のモツ鍋」が登場。「鍋奉行」をお義父さんが買って出てくれたので、お任せしきり。「ここは、野菜もすごくおいしいよ。」といいながら、私の器に「白のモツ鍋」をよそってくれたのでした。私は「モツ」を食べるという緊張感でいっぱいだったのですが、器を口元へ持っていっても、全くいやなにおいがないので「あれ?」っていう感じでした。口の中に入れると「ぷりっ。」とした触感と口に広がる風味がとっても味わい深くて、「これがモツ?」って思いました。「なんておいしいの!?」というのが正直な感想。そうと知ったら、緊張が解けたのか、野菜にしろ、豆腐もとびっきり美味しい!!コラーゲンのたっぷり入ったそのスープは、見ただけで、お肌によさそうな濃厚さ。でも味は全くしつこくなくて。

 

 

やまとオリジナルもつ

「赤のモツ鍋」もまた味わい深い。以前鹿児島で食事をした時、お醤油が甘かったのが印象的だったんだけど、ここの「赤」はそんなイメージ。「赤」と「白」2種類を食べることで、味わいは何倍にも広がる感じ。後のサイドメニューもどれも外れなしで、焼酎にもよく合うし。店内は、接待風な人や、ご家族連れも多かったです。私としては、「モツ」嫌いの人や、「モツ」デビューな人にぜひお勧めしたいお店です。東京にいながらこんなおいしい本場のもつ鍋が食べれるなんて思ってもみませんでした。絶対にまた行きたい。

 

「蟻月 HANARE」の住所は⇒東京都渋谷区恵比寿2-9-5

 

東京で食べれるのも良いんですが、自宅で食べれるもつ鍋もまた格別です。
モツ鍋のお取り寄せするならコチラ♪

 

 

 

TOPへ