2017年お肉ギフトランキング

低カロリー部位ならプレママも牛肉を食べてもOK

 

低カロリー部位ならプレママも牛肉を食べてもOK

妊娠中は食べるものに気をつけているプレママがおおいでしょう。体重コントロールはとても大事ですが、無理に節制するよりは、バランス良く食べることが大事です。牛肉は栄養価が高く、プレママにとってベストな食べ物です。低カロリー部位もあるので、できれば積極的にチョイスしましょうね。

 

 

モモ肉は低カロリー

 

牛肉の中でカロリーが低いのは、「モモ肉」。赤身で脂身が少ない部位です。スーパーに行くとわりとお値打ちに買えるので、お料理方法を考えて使いましょう。おススメはステーキ肉。赤身の肉を厚切りにして焼くのでボリュームがあり、「今日はお肉食べたな〜」と視覚的にも満足できるメニューです。薄切り肉は野菜の肉巻きに使えます。レシピがたくさんあり、使いやすいのがいいですね。

 

 

肩ロース・リブロース

 

ついで低カロリーなのが、「肩ロース・リブロース」です。ロース肉は赤身ですが適度に脂肪があり、肩ロースはやや筋がおおく固めです。ステーキにする時はきちんと筋切りをすれば、とってもおいしくいただけます。場所的には肩なので、煮込み料理にもぴったりです。リブロースは肩より脂肪分が多いところです。厚みがあり、ローストビーフによくつかわれますね。牛肉本来のうまみがたっぷりあるので、牛肉らしい味わいを楽しめます。

 

 

サーロインステーキはご褒美に

 

「サーロイン」は言わずと知れた牛肉の最高部位です。ステーキにするとおいしいです。おいしいだけにカロリーが上がりますので、妊娠中は注意して食べて下さい。

 

 

バラ肉はほどほどに

 

肩バラ・ともバラは、牛のあばら肉です。焼き肉のカルビはバラ肉ですね。肉じゃがなどの煮込み料理にもつかわれますし、ひき肉にしてハンバーグにしてもおいしいです。脂分のおいしさをしっかり味わえる場所なので高カロリーになってしまいます。プレママの時期は、量に注意して食べましょうね。

 

 

ヒレ肉はタタキで食べる

 

ヒレ肉は牛肉の部位ではもっとも柔らかく、脂分が少ない赤身肉です。プレママにはとてもいいお肉なのですが、ステーキにするとあっさりしすぎるためか、ヒレカツなど揚げ物によくつかわれます。揚げ物はプレママの大敵なので、ヒレでも焼き肉やたたきなどであっさりと食べてくださいね。

 

 

牛ランプがおすすめ

 

牛ランプはステーキ肉で、モモとヒレの間にある背中側の肉です。場所的に脂肪が入りにくいところなんです。ランプは低カロリーなのにおいしい、やわらかくてキメが細かい部位です。ステーキや焼き肉もいいですが、すき焼きやタタキにしても柔らかさが引き立ちますので、とってもおすすめな部位になります。

 

 

 

妊娠中の牛肉の選び方|低カロリー部位はプレママにおすすめ!関連ページ

妊娠中に馬刺し(生肉)を食べても良いですか?
妊婦さんは「生肉」を食べなければ何も心配することはありません。少しでも何か役に立てればと思い調べてきたことをまとめています。