2018年お肉ギフトランキング

【ステーキ肉】三田和牛但馬牛専門店ミートマイチクで肉ギフトを通販しました

ランプとイチボのステーキ肉を食べ比べ!

 

ステーキ肉を通販比較

 

実はお肉ギフト.comで、ブランド牛のステーキ肉をちゃんとお取り寄せしたのは今回が初めてでした。今まではすき焼き肉を中心に紹介していましたが、もっと色々お肉の楽しみ方を紹介したかったので、ステーキ肉に挑戦することとなりました。

 

ステーキの焼き方って難しいと思っていたんですが、実際にやってみるとそんなことはなく、むしろ簡単と思えました。僕が試したステーキ肉の焼き方も紹介していますので参考にして頂けるとうれしいです。

 

ランプは、もも肉周辺の部位です。サーロインの近くにあることからも肉質は良く、柔らかいです。サシも入りますがしつこくないので、お肉本来のうま味をたのしむことが出来ます。ステーキ肉として使われることが多いです。

 

イチボは、おしりのお肉で希少部位です。名前の由来は、おしりの骨がH型ということから「エイチボーン」呼ばれ、「〜いちぼーん」から「いちぼ」と呼ばれるようになったとか。柔らかい部位で肉のうま味がしっかりあります。ユッケ(生)だったり焼肉としてもどちらでも食べられています。

 

 

【三田和牛】モモ肉で一番柔らかい赤身ランプステーキと希少部位のイチボをお取り寄せ

 

ステーキ肉を通販比較

 

ステーキ肉は冷凍でお届けです。その日に食べたい場合は午前中指定がオススメです。

 

ステーキ肉を通販比較

 

表面がビニール製の袋でのお届けなので、濡れる心配がありません。

 

ステーキ肉を通販比較

 

開けると紙製の箱が入っています。こちらもしっかりとしていてお肉がつぶれる心配もなさそうです。

 

ステーキ肉を通販比較

 

箱の中のお肉もしっかりと押さえて入れてあります。お肉が動いたりもまずありませんね。

 

ステーキ肉を通販比較

 

今回取り寄せたのが、赤身ランプステーキ肉と希少部位のイチボ(お尻のお肉)各200gです。

 

ステーキ肉を通販比較

 

イチボはサシが多く、ランプは赤身肉といった印象です。

 

ステーキ肉を通販比較

 

国産(兵庫県産)三田和牛の証明書も入っています。

 

 

薄いステーキ肉の焼き方【厚さ1p〜1.5pくらいの肉の場合】

 

ステーキ肉を通販比較

 

今回はミディアムの焼き方を参考にしました。ただ、こちらの焼き方では、およそ2p〜3pくらいを想定していると思い、色々調べた結果。今回は下記の焼き方で焼いています。

 

薄いステーキ肉をミディアムに焼く方法

0、お肉を解凍し室温に戻します。(この工程で美味しいステーキが焼けるのかの半分が決まるそう)
1、フライパンを強火で熱します。
2、熱くなったフライパンにステーキ肉を入れ、焼き目が付くまで焼きます。
3、焼き目がついたら、火を消しお肉を裏返します。
4、裏返したら、そのまま20秒。(焦がさないように!)
5、「焼けたね」と思ったら完了です。(中までしっかり火を入れてしまうと残念な感じになるそう)

 

 

良く解凍してからステーキ肉を焼きましょう

 

ステーキ肉を通販比較

 

出来れば前日から冷蔵庫に移してしっかりと解凍したお肉を準備します。

 

イチボ

 

ステーキ肉を通販比較

 

こちらはイチボのお肉。すでに美味しそうです!

 

ステーキ肉を通販比較

 

「強火で焼き目が付くくらい」の感じの焼き目です。(すぐに火を消して裏返します※裏はすぐに焼けます)

 

ステーキ肉を通販比較

 

お好みでズッキーニやコーン、ニンジンのグラッセを添えるとものすごくステーキ屋さん感をたのしむことが出来ます。

 

ステーキ肉を通販比較

 

断面はこんな感じで。(今回はミディアム狙い)

 

ステーキ肉を通販比較

 

断面はこんな感じでパート2。(ミディアム狙い!上手く焼けたと思います)

 

ランプ

 

ステーキ肉を通販比較

 

赤身のステーキという感じ。こちらも負けじと美味しそう!

 

ステーキ肉を通販比較

 

少し焦げたような印象になりました。イチボを焼いたそのままで焼いたので焦げてしまったと思います。フライパンは洗うか、よく拭いた方がよさそうです。

 

ステーキ肉を通販比較

 

ランプの断面はこんな感じ。

 

ステーキ肉を通販比較

 

ランプの断面はこんな感じパート2。

 

食べ方は、お肉にステーキソースが付いているので、ソースで食べるのはもちろんですが、お好みで塩だったり、ワサビもランプ・イチボによく合いますのでおすすめです。

 

ステーキ肉食べ比べまとめ

 

ステーキ肉を通販比較

 

今回のランプステーキ肉は2,140円(税込2,311円)、イチボが2,600円(税込2,808円)でした。正直、初めは少し高いかな。と思っていましたが、食べてみるとこれが絶品。(そこそこ高いので美味しくて当然だとは思いますが)それでも、ここまでコストパフォーマンスが良いステーキ肉は、まぁありませんよね。

 

今まで僕の中では「ステーキ肉」ってどこか特別な存在でした。少しリッチなお店でしかいただけない。というか、やっぱり焼くのムズカシイよね。と思っていたのでなかなか手が出せないジャンルだったんです。

 

ですが、実際に試してみるとコスパの良さ。これは僕が求めているお肉の良さ、楽しさでした。

 

ステーキ肉(自分で楽しみたい場合)を通販するのですから、美味しいのは当たり前です。それがギフトになれば、美味しい、そしてできればコスパの高いモノを選びたいですよね。そういった意味で今回ステーキ肉の食べ比べは、イチボよりもランプ肉のステーキがオススメです。

 

税込2,300円で超本格的なステーキ屋さんで食べるステーキ肉を自宅で戴くことが出来ます。焼き方も簡単です。初めての僕でもできました。僕のように、自宅でステーキを焼いたことがないという、ステーキ初心者さんでもしっかりと楽しんで頂けるお肉だと思います。

 

 

コスパ最高の三田和牛は、税込10,000円以上購入で送料無料になります。

TOPへ