2018年お肉ギフトランキング

熟成肉を横浜で食べたくなったら

 

熟成肉を横浜で食べたくなったら

 

どうせ肉を食べるなら、薄切りじゃなくて、ずっしりした厚切り肉が食べたい。しゃぶしゃぶやすきやきもいいけど、ガツンと固まり肉が食べたい時です。横浜の「炭焼き職人」は、低温で熟成させたエイジングビーフと肉の厚さが自慢のお店です。ここね、ほんとにお肉が厚いんですよ。かじりつけるっていう感じです。かじりつくなんて、じっくり寝かせた熟成肉には申し訳ないかもしれないけど、爽快です(笑)。お店では、希少部位の上ロース いちぼ、とも三角があるのも嬉しい。人気部位なので、どの店でも食べられるわけでないのに、「炭焼き職人」ではこのふたつを日替わりで出しています。つまりいつ行っても、どちらかは食べられるって事ですよ。これはお店の安定感につながりますね。いちぼ・ともさんかく両方とも、片面だけを焼いてわさび醤油か大根おろしで食べるのがおススメです。エイジングビーフのピンク色は食欲をそそるし、肉以外でも野菜は地元の横浜産を使っているみたいで、こだわりも感じます。そして、なぜかスタッフはサーファーみたいなイケメンが多い。店内のビデオクリップもサーフィンだし。このへんは「炭焼き職人」という和風な店名とそぐわないような気もしますが、イケメンを眺めながら固まり肉をくらうっていうのは、肉食系女子としては外せないポイントかも(笑)。スタッフが、お店で出す肉についてくわしいのもいいですね。あらかじめ試食でもしているのか、こちらがきいたことに対して的確な返事が返ってきます。エイジングビーフの香りについてもきちんと説明ができるし、うまみについても話ができる。外見よりもずっと「使える」(失礼!)スタッフです。見かけ倒しじゃありません。「炭焼き職人」の看板には、「NO BEEF NO LIFE」(肉がない人生なんて)とあります。ボリューム的に、しょっちゅう行く店ではないかもしれませんけど、ここは肉だ!というときには、期待を裏切らないお店です。女子だけでも入りやすいし、こまかいオーダーにも丁寧に対応してくれる。お気に入りの肉レストランリストには、必ず入れておきたいですね。とくに女子会幹事になったら、まっさきにテーブルを押さえたいお店です。

 

TOPへ