2018年お肉ギフトランキング

熟成肉を京都で食べたくなったら

 

熟成肉を京都で食べたくなったら

 

「あたし、そんなにお肉が好きじゃないの」なんていう女子もたまにはいますね。こうなるとデートに誘うにもいろいろ考えちゃいます。でもね、肉って本当においしいのよ。それをぜひぜひわかっていただきたい。ということで、「にくの匠 三芳」です。京都・祇園の肉懐石割烹というだけで、わくわくするじゃないですか。お店は落ち着いた雰囲気で、いかにもオトナが来る店です。お料理はコース1種類。たくさんのお客さんを一気にさばくというより、少人数をていねいにケアしてくれる感じです。コースの最後にステーキがあり、この肉の種類によってお値段がかわっていきます。はじめて行くなら、ロースがいいですね。定番ですが、はずれがありません。まあ、三芳のメニューはどれを頼んでもハズレなんてないんですけど。三芳に行きなれている人だと、今日はやはり「ヒレ」がいいとか、「特選ヒレ シャトーブリアン」だということになります。が、おススメは絶対に「熟成ロース」。じっくりと時間をかけて寝かせた熟成肉・エイジングビーフこそ、極上の肉懐石コース最後のしめにふさわしいでしょう。ピンク色のきれいなエイジングビーフは赤身ながら硬さはなく、肉のうまみをじっくりと味わえます。三芳のオリジナルといえば、「牛タンの薄づくり昆布じめ」でしょう。牛タンを昆布でしめてみようという発想に、脱帽です。薄造りなので舌ざわりが軽く、それでいてちゃんと牛タンの味がする。昆布でしめてあるせいかタンの臭みはなく、さっぱりしています。こちらはコースの定番アイテムで、行けばたいてい頂けます。辛口の日本酒が進むわ〜。最初は接待なんかで行く人が多いんでしょうが、そのうちに自分で通うひとが多い。普段はそれほど肉が好きでない人でも、一度いくと「本当においしい肉とは、こう言うものか」と目からうろこが落ちるようです。お値段がお値段なので、自腹で行くにはちょっと勇気がいります(笑)が、気合の入ったデートにはぜひ。そのときは、料理人の手元が見られるカウンター席をお願いしましょう。好感度は一気に急上昇しちゃいますよ。

 

 

TOPへ