2018年お肉ギフトランキング

すき焼き よしはし

元赤坂裏に静かな佇まいで店を構える「よしはし」は、日本で最初に牛鍋を供した店とも伝わる、老舗中の老舗です。2011年度のミシュランで一つ星の栄誉に輝いたことも耳新しく、国際的な評価を受ける名店として知られています。

 

店舗は名歌舞伎俳優、八代目坂東三津五郎の元自宅を利用したもので、歌舞伎の稽古のため天井が高く、独特の風情を醸し出しています。

 

お昼のメニューには「牛鍋定食」、「じゅうじゅう焼定食」、「阿蘭陀弁当」、「あみ焼弁当」、「和定食」などがラインナップされています。「よしはし」が初めて、という人におすすめされているのが上記の「阿蘭陀弁当」。段重ねになった丸い容器に詰められたいわゆる「信玄弁当」の体裁で、たっぷりの牛肉生姜焼きに出汁巻き玉子などが詰めわされ、おつゆと小鉢に香のものが付いた眼にも楽しいメニューです。

 

「じゅうじゅう焼定食」ではオリジナルの陶板焼きに仕立てたたっぷりのお肉を、おろしポン酢でいただくヘルシーでありながらもボリューム感あふれる満足のお料理です。

 

お肉本来の味を楽しみたい、というお肉好きの方はやはり「あみ焼弁当」にたどり着くといわれます。シンプルかつ、お肉そのもののうま味をダイレクトに味わえるあみ焼きは、ごまかしのきかない分だけ、お店の自信のほどがうかがえる逸品です。

 

 

すき焼き よしはし

夜のメニューでは看板料理の「すき焼き」がメインとなります。ただし、各コースで価格帯が違ってもお肉の品質は全て同じというこだわりのもので、小鉢などの内容が違うだけとなっています。

 

熟練の仲居さんが絶妙の加減で給仕をしてくれ、お肉は少なめの割下で、煮込むというよりは焼くような感じで仕上げてくれます。具はタマネギ・ネギ・春菊・焼豆腐・シラタキといったシンプルで正統派の顔ぶれで、お肉のエキスをすって絶妙の味わいに変身します。この「よしはし」独特の方式に、卵の使い方があります。

 

何と白身だけを泡立て、「メレンゲ」にしたうえに黄身をつぶさずにあしらうという方法をとっています。ふわりとした玉子の感触にとろりと溶けるようなお肉が絡み合い、未体験のおいしさを演出します。

 

すき焼き「よしはし」の住所はこちら⇒東京都港区元赤坂1-5-25

TOPへ