熟成肉記事一覧

流行りの熟成肉とは何でしょう?おいしいものに敏感な人がおススメしている「熟成肉」。最近は専門のレストランができたり、吉野家が4月半ばから牛丼に熟成肉を使うときめたり、ちょっと気になりますね。肉を熟成させると、どんなふうに味が変わるんでしょうか。「熟成肉」は、「生の牛肉を、熟成するまで置いておく」ことで作ります。置いておく温度や湿度は厳しく決まっていて、簡単にはできません。専門家が、室温1〜4℃・湿...

熟成肉を大阪で食べたくなったら東京ではやる料理が、大阪でもウケるとは限らない。大阪人は味にもうるさいし、店の雰囲気にもお金についてもうるさい。エイジング肉(熟成肉)に関しては、東京でも大阪でも、目の早い人達はすでに食べているみたいですよ。大阪のエイジング肉なら「AG 北新地」がおススメ。店名にある「AG」とは、エイジング(Aging)とアグリカルチャー(農業)「Agriculture」の頭文字をと...

熟成肉を名古屋で食べたくなったら名古屋の食べ物は、味噌カツや手羽先のイメージ。でも、名古屋の人って本当においしいものは、どんどん受け入れるところがあります。熟成肉もそうですね。おいしければすぐに食べてみるっていいですね。「KATANA (カタナ)」は黒毛和牛を一頭まるごと買って加工するお店です。プロがえらんで丸ごと買った牛だから、肉のクオリティが高い。熟成肉のエイジングには50日もかけます。ていね...

熟成肉を横浜で食べたくなったらどうせ肉を食べるなら、薄切りじゃなくて、ずっしりした厚切り肉が食べたい。しゃぶしゃぶやすきやきもいいけど、ガツンと固まり肉が食べたい時です。横浜の「炭焼き職人」は、低温で熟成させたエイジングビーフと肉の厚さが自慢のお店です。ここね、ほんとにお肉が厚いんですよ。かじりつけるっていう感じです。かじりつくなんて、じっくり寝かせた熟成肉には申し訳ないかもしれないけど、爽快です...

熟成肉を京都で食べたくなったら「あたし、そんなにお肉が好きじゃないの」なんていう女子もたまにはいますね。こうなるとデートに誘うにもいろいろ考えちゃいます。でもね、肉って本当においしいのよ。それをぜひぜひわかっていただきたい。ということで、「にくの匠 三芳」です。京都・祇園の肉懐石割烹というだけで、わくわくするじゃないですか。お店は落ち着いた雰囲気で、いかにもオトナが来る店です。お料理はコース1種類...

自宅で熟成肉を食べたくなったらお取り寄せじっくり寝かせてつくる熟成肉。これまでの赤身肉のイメージをひっくり返すほどおいしいのですが、作るのに技術力がいり、どこででも買えると言うわけにはいきません。家でも食べたいなんて思っても、熟成肉を扱っているレストランそのものがまだ少ないんですよね。しかし最近のネットショッピングってすごい。ちゃんと熟成肉を通販で買えるお店が楽天にありました。「近江牛さかえや」で...

TOPへ