2017年お肉ギフトランキング

 

牛銀本店

 

松阪市魚町にたたずむ「牛銀(ぎゅうぎん)」は創業明治三十五年、「牛鍋と牛めし一銭五厘の牛ぎん」という謳い文句で日本の牛肉食の黎明期より変わらぬ人気を誇る老舗として知られています。

 

 創業者の小林銀蔵は、「智恵子抄」で有名な詩人、高村光太郎がこよなく愛したという牛鍋の名店、東京「米久(よねきゅう)」で修業し、東京仕込みの牛料理店を松阪でオープンし、一躍大人気店を作り上げました。

 

 

すき焼き

現在も牛銀本店では創業者の志を受け継ぎ、おいしい松阪牛を手ごろな値段で提供する歴史ある名店として人気を得ています。メニューはシンプルに「すきやき」、「汐ちり」、「水だき(しゃぶしゃぶ)」の三種類で、「すきやき」は醤油と砂糖で調味した関西で一般的なスタイルのもので、「寿[特選]」、「楽[特選]」、「松」、「竹」、「梅」のグレードに分かれ、一人前150gのボリュームたっぷりのお肉を楽しむことができます。

 

 あまり耳慣れない「汐ちり」とは牛銀オリジナルの白しょうゆ・昆布だし・白コショウで味付けしたあっさり系のすきやきで、濃醇で甘辛いすき焼きとは一味違った新味にやみつきになるファンも多いといいます。

 

 「水だき(しゃぶしゃぶ)」はポン酢と胡麻だれでいただく王道のスタイルで、自分の好みの火加減でお肉の味をストレートに楽しめるうえ、適度に脂分を落としてさっぱりといただけるため女性にも人気のメニューとなっています。

 

 

ハンバーグ定食

「牛銀」では以上の「本店」のほかに、レトロでハイカラな洋食メニューを取りそろえた「洋食屋牛銀」、水琴窟をそなえたお庭を眺めながら和のスイーツをいただける「牛銀番茶亭」なども展開しており、「洋食屋牛銀」ではステーキやビーフカツレツ、ハンバーグ、ビフカツ丼などといったカジュアルな雰囲気の料理を気軽に楽しむことができます。(写真はハンバーグ定食)
 また、「牛銀番茶亭」はギャラリーを兼ねており、彫刻家の薮内佐斗司の作品や名産である「松阪木綿」独特の縞模様のルーツとなった東南アジアの布模様「南方裂」を展示しており、味覚だけではなく地元の伝統で眼も楽しませてくれるお店作りがなされています。

 

 

住所はこちら・・・〒515-0082 三重県松阪市魚町1618

 

 

松阪牛歴史ある名店の牛銀(ぎゅうぎん)関連ページ

松阪牛の老舗高級肉店和田金(わだきん)
松阪牛の老舗と言えば三重県松阪市中町にあります和田金さんでしょう。松阪に寄った際には行っておきたいお店です。和田金について書いています。
松阪牛を目の前で焼いてくれる名店ステーキハウス 三松(みまつ)
松阪牛の本場でいただく本格的ステーキを食べるならステーキハウス三松です。目の前で焼いてくれる松阪牛のステーキの迫力は圧巻。
松阪牛“メニューが豊富”な松阪まるよし
日本三大和牛の1つ、松阪牛(まつさかうし)は、但馬牛(たじまうし)の他に、全国各地の黒毛和種の子牛を買入れし、三重県松阪市を始め、その近郊で飼育された牛のこと。「まつさかうし、まつざかうし、まつざかぎゅう」と様々に呼ばれている。「松阪牛」という名前自体が高級銘柄の牛肉に位置付され、最近では、ネット通販で購入できるまでになりました。そんな松阪牛を食べることが出来る焼肉屋さんを紹介しています。
松阪牛精肉店直営のビーフクラブ ノエル
日本三大和牛の1つ、松阪牛(まつさかうし)は、但馬牛(たじまうし)の他に、全国各地の黒毛和種の子牛を買入れし、三重県松阪市を始め、その近郊で飼育された牛のこと。「まつさかうし、まつざかうし、まつざかぎゅう」と様々に呼ばれている。「松阪牛」という名前自体が高級銘柄の牛肉に位置付され、最近では、ネット通販で購入できるまでになりました。そんな松阪牛を食べることが出来る焼肉屋さんを紹介しています。
松阪牛焼肉名店といえば“一升びん”
日本三大和牛の1つ、松阪牛(まつさかうし)は、但馬牛(たじまうし)の他に、全国各地の黒毛和種の子牛を買入れし、三重県松阪市を始め、その近郊で飼育された牛のこと。「まつさかうし、まつざかうし、まつざかぎゅう」と様々に呼ばれている。「松阪牛」という名前自体が高級銘柄の牛肉に位置付され、最近では、ネット通販で購入できるまでになりました。そんな松阪牛を食べることが出来る焼肉屋さんを紹介しています。
松阪牛のホルモン焼きを食べるなら“たこやん”
日本三大和牛の1つ、松阪牛(まつさかうし)は、但馬牛(たじまうし)の他に、全国各地の黒毛和種の子牛を買入れし、三重県松阪市を始め、その近郊で飼育された牛のこと。「まつさかうし、まつざかうし、まつざかぎゅう」と様々に呼ばれている。「松阪牛」という名前自体が高級銘柄の牛肉に位置付され、最近では、ネット通販で購入できるまでになりました。そんな松阪牛を食べることが出来る焼肉屋さんを紹介しています。
朝鮮料理と松阪牛料理の専門店“宮本屋(みやもとや)”
日本三大和牛の1つ、松阪牛(まつさかうし)は、但馬牛(たじまうし)の他に、全国各地の黒毛和種の子牛を買入れし、三重県松阪市を始め、その近郊で飼育された牛のこと。「まつさかうし、まつざかうし、まつざかぎゅう」と様々に呼ばれている。「松阪牛」という名前自体が高級銘柄の牛肉に位置付され、最近では、ネット通販で購入できるまでになりました。そんな松阪牛を食べることが出来る焼肉屋さんを紹介しています。
新羅会館 家族亭(しんらかいかん かぞくてい)“松阪牛と韓国料理を食べたいなら♪”
日本三大和牛の1つ、松阪牛(まつさかうし)は、但馬牛(たじまうし)の他に、全国各地の黒毛和種の子牛を買入れし、三重県松阪市を始め、その近郊で飼育された牛のこと。「まつさかうし、まつざかうし、まつざかぎゅう」と様々に呼ばれている。「松阪牛」という名前自体が高級銘柄の牛肉に位置付され、最近では、ネット通販で購入できるまでになりました。そんな松阪牛を食べることが出来る焼肉屋さんを紹介しています。
松阪牛焼肉 野崎“アントニオ猪木さんもお忍びで来る有名店”
日本三大和牛の1つ、松阪牛(まつさかうし)は、但馬牛(たじまうし)の他に、全国各地の黒毛和種の子牛を買入れし、三重県松阪市を始め、その近郊で飼育された牛のこと。「まつさかうし、まつざかうし、まつざかぎゅう」と様々に呼ばれている。「松阪牛」という名前自体が高級銘柄の牛肉に位置付され、最近では、ネット通販で購入できるまでになりました。そんな松阪牛を食べることが出来る焼肉屋さんを紹介しています。