2017年お肉ギフトランキング

焼く前に味付けしてはダメ!

 

牛ステーキの上手な焼き方

 

牛肉を楽しむうえで、もっともおいしい、至上の調理法として「ステーキ」の名を挙げる美食家は少なくありません。

 

 ただ単に肉を焼く、というだけのシンプルな調理法ながら、単純なだけにごまかしはきかず、肉本来のうま味を最大限に引き出すためには高い技術と確かな眼を要求される、きわめて奥の深い料理であるといえます。

 

 ステーキの焼き方には大きく分けて「レア」、「ミディアム」、「ウェルダン」の3種類が知られています。

 

 「レア」は表面に焼き目を付けて、中は生の状態のものをいい、それよりもう少し火を通すが、芯にはまだ生の部分が残るものが「ミディアム」、「ウェルダン」はよく焼いて完全に火を通したもののことです。

 

 いずれにせよ、ステーキを上手に焼く方法の原則としては、「肉汁をのがさない」ことにあるといえます。そのためには素早く表面を焼き固める必要があり、強火でしっかりと焼き目をつけることに手際が要求されます。

 

 また、味付けに塩を振ることがありますが、これも焼く前に振って長く置いてしまうと、浸透圧で肉汁が出てきてしまうので、表面を焼き固めた後に、加熱しながら塩を振るのがプロの方法だそうです。

 

 そして、フライパンで焼くにしろ焼き網で焼くにしろ、頻繁にひっくり返すことはご法度とされています。これはむやみに動かすことでお肉の内部に溜まっているジュースが漏れ出てしまうことを避けるためで、ひっくり返すのは表から裏への一回のみ、とこだわるシェフが多いようです。

 

とにかく、お肉のうま味が凝縮された肉汁を大切にすること、ステーキの上手な焼き方はこの一語に尽きるようです。

牛ステーキの上手な焼き方!意外と知られていない?プロの方法関連ページ

米沢牛の美味しいお店と言えば“登起波(ときわ)”で決まりです♪
創業明治27年の米沢牛を扱う老舗中の老舗「登起波」を食べないと米沢牛を語ることはできませんよね。
牛肉サミットの事、結果について
日本を代表するブランド牛の近江牛の生産で知られる滋賀県が2011年からスタートさせた、面白い牛肉のイベントです。牛肉サミットの3つの使命とは?イベントの結果は?今年2013年で、3回目を迎えます
牛肉で夏バテ解消
牛肉で夏バテ解消出来る。牛肉に関することを色々な視点で書いています
3大和牛の松阪牛を“地元の人お墨付きのおいしいお店”で食べたい!
日本三大和牛の一つ松阪牛のお肉。せっかく三重県に遊びに来たのですからおいしい松阪牛を食べて帰りたいですよね!地元の人も納得の超おいしい店と高級専門店を調べてて来ました。
車の中でカップルで楽しめる“松屋の牛めしバーガー?”
大手牛丼チェーンの「松屋」が、冷凍食品で牛めしバーガーを発売。この商品で、冷凍食品の売り上げ3億円を目指す!
吉野家の牛丼ももちろん良いけど高級な松阪牛の牛丼はもっとおいしい♪
今までは吉野家でいいと思ってました。牛丼なんてどれも一緒だと。松阪牛のお肉は違いました。違いが有り過ぎて、別物って感じですけどね♪
やまとオリジナルもつ鍋セット【厳選和牛モツ鍋】送料無料
いつもお世話になっている、ご両親・ご親戚・会社の上司に・ご友人に・ご家族に感謝の気持ちを伝える贈り物ギフトだから、ちゃんとした物を贈りたい。お歳暮、お中元、贈り物、お肉を贈りたいならこちらからチェック♪
お肉のギフト券“A5ランクの松阪牛は喜ばれること間違いなし♪”
お肉のギフト券や牛肉に関することを色々な視点で書いています。
牛肉サミット2014優勝は?【1位のお肉の人気は凄すぎました!】
牛肉サミット2014年の優勝はやっぱり松阪牛の朝日屋産さんで決まってしましましたね。ローストビーフの軍艦が2冠で500円ですからすごくリーズナブルだと思います。